midashi01.gif
工法の改良で「家そのもの」を大きく変えました

こうした工法の改良は、単に「住宅の快適性を向上させた」だけではなく、「家そのもの」を大きく変化させることになりました。
たとえば、次のようなことが実現することになりました。
window01.gif
冬は室内の熱は外に逃げにくく、逆に夏は外の暑さが室内に入りにくい構造は、日本中各地で、地域、風土に合ったデザインで、一年中快適な住環境を創り出します。
  window02.gif
今まで使っている一部屋用の暖房機器で、全室暖房を実現します。しかも、暖房費は今までと変わりません。
window03.gif
夏は、北海道や東北地方では、クーラーのいらない涼しい家が、十分実現できます。暑い地方でも、クーラー1〜2台で全室冷房も可能です。
  window04.gif
吹き抜けのある大きな空間でも寒さを感じない快適な環境になります。住宅デザインの自由度が大きく広がりました。
window05.gif
ダニ・カビは湿気の多いじめじめした環境で繁殖します。一年中カラッとした快適な環境は、ダニ・カビを一掃し、色々なアレルギーをもつ人にとって画期的な環境改善となります。
  window06.gif
熱や水蒸気を科学的にコントロールし、住宅内部での結露を一掃できました。結果として、木材が腐らず、50〜100年の寿命の構造となりました。